Powered by Movable Type 3.34
HRSカンパニーサイトへ          

ビジネスブログランキング

2016年07月15日

魔法!? 自然に3層ケーキ

焼くだけで、生地がスポンジ、クリーム、フランと自然に3層に分かれるというケーキ、半信半疑で作ってみました。

作る工程から普通のケーキとは大違い。レシピどおりに(砂糖だけ控え目にして)作り進めていき、ケーキ型に入れる時には生地はトロトロ。
不安になりながらも「これでいいんです」と書いてあるので、その通りに低温でじっくり1時間焼いて、その後3時間冷やして出来あがり。

ワクワクしながらカットしてみると本当に生地が3層になっていました!
本当に魔法のケーキにびっくりでした。
(食感は好みだと思います(^_^;)手間を省いて3層になるならアリかもです)

3%E5%B1%A4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD2.jpg

真ん中のクリームのところが一番good

浦川

2016年06月23日

日本サービス大賞

先日TVで、日本サービス大賞というニュースを見ました。
http://service-award.jp/result.html

これは、業種を問わずすべての分野を対象に、優れたサービスを表彰するというものです。
今回が第1回目。
内閣総理大臣賞に、九州各地を運行する、クルーズトレイン「ななつ星in九州」が選ばれました。

%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%97.jpg

見ているだけで、外観の豪華さにモチベーションがアップしますが、豪華列車というハード面だけに留まらず、サービスにおいても世界一のおもてなしを目指し、今までに経験したことのない感動のサービスをつくりとどけているとのこと。
果たしてどんなサービスなのか、、、気になるところです。

ほかに賞を受賞されたサービスは、30件。


業種や分野は違っても、サービスという面では、過程~目指すところは同じなのかもしれませんね。
異業種の分野であっても、真似できることは取り入れ、自分に活かしていきたいと思いました。


小原


2016年03月07日

~卒業~我が子へ

今月、長男が小学校を卒業します。

%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88201603.jpg


ランドセルを背負い小学校へ通うのもカウントダウンにはいりました。

入学当初は、ランドセルに身を包まれた身体。(笑)
卒業をする頃には、ランドセルより彼の存在のほうが、しっくりくるようになりました。
学生生活が1番長い小学生時代。
体もですが、心も成長しており、学校生活の中で、様々な問題にも直面し、友達の性格を冷静に判断し、自分なりにどう付き合うべきかを考えていたようで…。
剣道では、縦、横の社会、で先輩に教えられ、可愛がられ、後輩の面倒をみては、自分の行動を振り返る。「礼節に始まり、礼節に終わる」
といった、聞いてると当たり前のように思えることが、気持ちよくできるまでに、自然に出来る姿が、清々しく思えてきたのは、つい最近のことです。

これから先も、今まで体験、経験してきたことを無駄にすることなく、
自分らしく輝き続けられるよう、
次のステージ(中学生)へ向けて、頑張ってほしいと願います。


2016年02月24日

思いこみ

私は怖がりで特に暗いところが苦手です。
寝るときには、部屋を真っ暗にして寝ているのですが、やはり怖く、影響してか音に敏感になります。

どこからか、「みしっ…、ぱきっ…」と音が聞こえてくると、「ラララ…ラップ音かもしれない…、いや、違う、違う、楽しいことを考えよう…え…ま、また、聞こえてきた…」などと考えてしまい、眠れなくなることも少なくないです。

一軒家だったら家鳴りの可能性も考えられますが、マンションでは家鳴りはないと思いこんでいました。(マンションに住んでいます。)

201602.jpg

ですが、ついこの間、軽い気持ちでインターネットで家鳴りについて検索してみたところ、マンションでもあるという記事を見つけました。結果、私の思い込みは解かれたようで、音がなっても怖いと感じず眠れるようになりました…笑

音が気にならなくなって、思い込みの作用にとても驚いています。同時に、良い方向に使えると解釈して、今後は、上手く利用していきたいなと思ったのでした。


三岳

2016年02月04日

シェア(共有)から生まれるビジネス

この冬、11月にマニラ、12月にホーチミンに一人で視察に行ってきました。
従来とは違い、今回は収集できた情報が大幅アップしてとても充実した時間を過ごすことができました。
外国に住む日本人の方がガイド登録するサイトがあり、マニラでは在住30年、ビジネスに精通されている方に、ホーチミンでは在住6年の30歳女性の方、在住4年の30歳女性の方にそれぞれ1日ずつ、詳しい現地情報を教えてもらいながら、アレコレ視察してきました。もちろん私見はありますが、フレッシュ、生の情報です。
平日は駐在員として仕事をされていて、週末の空き時間を活用して案内してくれますので、
こちらとしても従来のガイドに比べて安価でお願いできますし、本業は現役のビジネスマン、ビジネスウーマンですので、その視点からも参考になる視点をいただくことができます。
また、プライベートで宿泊するために、いま話題の民泊をサイト経由で3回ほど利用してみましたが、安価で、ホテルが取りづらい時期に便利だと感じました。
一昔前には、互いにどんな相手か素性が分からないのにガイドや宿泊なんて考えられなかったと思いますが、時代って変わるんですね。
企業が間に入って保障をしているわけではないので、不安はありますが、ネット社会で自分の評判は一気に広がるので、今回お世話になった方々含め、大半の方は誠実に向き合われているように感じました。

私たちの仕事、生活、、、これからどう変革するのでしょう?

%E5%86%99%E7%9C%9F1.jpg


ホーチミンでは視察後の夕食にローカルの方が利用される繁盛店に連れて行っていただきました。さすが在住者です(*^_^*)

%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg

民泊といってもご覧のとおり、ワンルームで、
ビジネスホテルの要領で宿泊するスタイルもあります(^。^)


増田(智)

2016年02月01日

世の中の動き~音楽の聴き方が変わってきた~

世の中の動きが速い・・といわれるが、具体的には自分の興味があること、自分に関係することで実感することのように思います。

以前在籍していたコンサルティングの会社で、上司でもあり、年齢が近い先輩からは、
「観察、できれば定点観測しなさい」とよく言われたものです。
当時は、観察し、新しい世の中の動きを見つけるために、「毎日、今まで生きてきた中で初めてのことをする」というテーマを掲げていました。何も大げさなことではなく、新しいことであれば、何でもよいので、例えば、コンビニで新しいジュースやスウィーツを見つけたら、飲んでみる、食べてみるなど制約は小さいものでした。ところが、いざ実際にやってみると、自分の行動とはいかに、型にはまっているものか、思い知らされることが多く、夜になってから慌てて新しいことを探すような日もありました。

そのなかで感じたことは、新しいことって、自分に深く関係していることや、興味があることはであれば、やっぱり見つけやすい・・ということでした。
小学校高学年以来、ず~っと洋楽が大好きなのですが、新しい自分の好きな音楽を見つける方法が変わってきていると感じます。
ちなみに、音楽媒体については、レコード→CD→ダウンロードによる音楽ファイル、また、録音媒体では、カセット→MD→ハードディスク(HDD)またはメモリーという変遷があります。

音楽ファイル+HDD(またはメモリー)への大きな流れを作ったのが、iTuneストアでありAppleなのですが、そのAppleが音楽ファイルさえも持ち歩かないストリーミングサービス、「アップルミュージック」を日本でも2015年6月30日から提供を始めました。

一定の金額、ストリーミングで聞き放題のサービスは、グーグル、アマゾン、AWA,ソニーSpotfy(日本ではまだ、世界では最大?)など様々な会社が提供し始めています。
このあたりのことは、昨年からの大きな話題になっていたので、ご存知の方も多いと思います。
今回は、このメインストリームの話ではなく、もうちょっとマイナーお話し。。

前振りが長くなりましたが、「BANDCAMP」(BC) http://bandcamp.com/
aaa.jpg

少しずつ浸透し始めてきた音楽のストリーミングサービスとは違って、まだダウンロードするタイプ(一部ラジオみたいにストリーミングもできます)なのですが、何がすごいかっていうと、音源、つまりアーティストが違うのです!

ストリーミングサービスの方は、大資本の会社が今までメジャー発売された音楽をどれだけ集めているか・・というところが勝負なのですが、このBCはアーティストがほぼメジャーデビュー前もしくは素人であることです。
そんなの以前からあったじゃない??と思われるかもしれませんが、まずびっくりするのが、音の良さと楽曲のレベル、ジャンルの広さです。ハイレベルでセンスの良い音楽が多く、いままで聞いてきたメジャーな音楽っていったい何なの?って感じになります。
自分たちの耳に届けられてきた音楽は、その質によって届けられてきたのではなく、レコード会社の営業・販促活動によって届けられてきたのだ・・ということが本当によくわかります。
おまけに、プライスが、「NAME YOUR PRICE」、つまり「値付けはあなたがしてね!」というものもあり、安価にハイクオリティな音楽を手に入れることができてしまうのです。

その他にも、「SoundCloud」といって、SNSの機能がついていて、この曲のどこの部分が好きか?なんてことを共有するサイトもあり、本当に音楽の聴き方が多様化しているな・・と感じます。

さて、結論ですが、
技術の革新によって、細かいニーズに対応できるようになり、どんどん市場は多様化、細分化していると感じます。
私たちは、自分たちの事業をどのように定義し、細分化した、またはされた市場で自分たちの強みを発揮していけばよいのかを考えなければならないタイミングなのだと思います。
理想としては、世の中の動きをいち早く察知して、新しいカテゴリーで強い立場を作っていきたいものです。

そのために、かつての上司の言葉を反芻しているのですが、気持ちだけ焦って、何もできていない自分に時間と能力の限界を感じる毎日です。(;´д`)トホホ。。


増田(伊)

2016年01月14日

あけましておめでとうございます。

先日ニュースを見ているとプロ野球選手の『新人選手研修会』の模様が流れました。
昨年のドラフトで各球団に指名された選手の方々が参加され、6種類もの講義を受けていましたが、その中に「話し方、インタビューへの対応」の講義がありました。その講義の中では実践形式のインタビューがおこなわれていました。

野球が本職のプロ野球選手ですが、確かにメディア対応も突然発生することがあります。その対策なのでしょうか。野球選手は、いつもインタビュー時に、咄嗟の出来事にも関わらず、用意していたかのようにお話されているなぁ〜と思っていましたが、このような研修があり努力されているとは。。。
きっと、このような努力が名言を残すことにつながっているのだろうと思います。


新年の幕開けに、息子の野球チームの必勝祈願に参加し、初日の出を見た、今年の私。

160101%5B105%5D.jpg

イイことがありそうな2016年をスタート出来た感はあります。
常に努力と学ぶ姿勢を大切に、実りある1年にしたいものです。

小原

2015年12月21日

山の日

2016年から国民の祝日として、8月11日「山の日」が新たに設けられることになりました。
知ったときには思わずにんまり(^_^;)
日本は海外各国と比べて働き過ぎとの声があり、祝日に前後をはさまれた平日を「国民の休日」として休みにしたり、祝日を月曜日に移動して連休にする「ハッピーマンデー制度」などを導入したりして、祝日を増やされてきています。

「海の日」に続き「山の日」・・・。ネーミングがおもしろいですが・・・。
仕事をしている人はお盆前の忙しい時期で、13日~15日がお盆休みのところも多く、なぜ8月11日?と思いました。

8月は祭日がない月で8月になったようです。また当初8月12日だとお盆との連休もとりやすいとのことで調整されていたようですが、8月12日は日航ジャンボ機の墜落事故があった日で慰霊登山や式典がおこなわれているため、「慰霊の日を祝日とすることはそぐわない」と日にちがずれ、8月11日に調整されたようです。
小中学生は夏休み中なので残念ながら変わりなしですね。

祝日が増えたのは、1996年の「海の日」以来、なんと20年ぶりだそうです。
海の日も新しい祝日に感じますが、もう20年も経つんですね。

本年も何とか無事に年越しを迎えることに感謝いたします。
この新しい祝日も楽しみの一つに、来年も良い年になりますように。


2015-12-17%2007.19.19.jpg


みなさん山登りはされますか?私は海派でした。
ですが、このような本を読むと、いつかチャレンジしてみたいです。
はまる気持ちも想像できます。
体鍛えないと。。。


浦川

"山の日" の続きを読む »

2015年12月07日

気 剣 体 一 致

1試合3分という限られた時間のなかで、くり広げられる激戦。

IMG_20151206_223942.jpg

IMG_20150906_133446.jpg

緊張の糸は、試合に出ている息子のみならず、私にまでも伝わります。
3人の息子たちが、それぞれの会場で、試合をしている。また、同時進行とあっては、瞬きしている暇がない。大声で、応援したいのは山々ですが、応援するスタイルが決まっており、一本とるたびに、拍手で喜び、
「今だ、メーン!、前、前、声、気合いで負けるな、押されるな!」などなど、叫びたい気持ちを堪えて、試合をしている息子を見守ります。
たまに親、またチームに属する関係者たちが、声を出して、子どもたちに意見する声も聞こえますが、聞き苦しい、見苦しい!とさえ感じるようになりました。

3分…という短い時間の中で自分の力を最大限に出したい!という子ども達の気迫と技を出し、「静」と「動」、その気持ちが一つになった気合の一声がその技と一致、ひとつになったとき、ようやく、1本がとれるんです。

今日行われた区大会、低学年チームにいた、息子二人はそれぞれのチームで、準優勝と3位の賞をとることができました。

IMG_20151206_175252.jpg


剣道…厳しい稽古ををきっかけに、心身共に強く、逞しく、と同時に礼節も身につけてほしいと願うばかりです。


2015年11月27日

断捨離

去年の冬ころから自宅の断捨離をはじめました。
色々なものをかなり捨てまして、部屋はすっきりとなりました。
気持ちがよくなったので、お花を飾ったり、自宅でより楽しい時間を過ごしています。

そんな中でも一番嬉しいのは、掃除や家事が面倒でなくなったこと。(1人暮らしなので大した量ではありませんが笑)
前までは「まぁ、後でやればいっか~、やっほ~い」なんて、だらだらしていたのですが、今では、「5分で終わる、いまやると、綺麗な部屋で落ちつける!!!」とすぐに対応するようになりました。

201511%20.png

すぐに対応できるようになったのは、“掃除→部屋がきれい”ではなく、“部屋がきれい→掃除してキープしたい”へ変化したからかなぁと振り返っています。
同じ行動でも視点をどこにおくかで、気分がずいぶん違うことを学び、部屋掃除以外もいろいろ見直してみようと思ったのでした。


三岳